Shared Lines Collaborative

Art building resilient cities

Ryo Kimura

1_kimura体力のあるうちに、本格的に絵を学びたいという想いから、49才で広告デザイン系の仕事を辞め、山形の東北芸術工科大学洋画コースを受験し、入学。あっという間の4年間だったが、とりあえず卒業。その後も絵は描き続けたかったので、自分の立ち位置をどうするか考えて、アトリエにこもって描くというよりも、人と(あるいは社会と)関わりながら描くというのが必要ではないかという方向を選択。美術を中心に据えたカフェのようなものをつくろうと思い「美術カフェ ピクニカ」を立ち上げた。

At the age of 49, I quit my advertising job to take up painting seriously while I still have the physical strength. I passed the entrance exam and entered an oil painting course at Tohoku University of Art and Design.

My 4 years at University sped by, and I graduated.  I wanted to continue painting and decided that rather than painting alone in my studio, I wanted to paint with others in my community. For this reason, I started an art-centered café and called it, “ Art Café Picnica”.

2_kimura

この「ピクニカ」は小さなギャラリーカフェのようなスタイルだったので、展示主体のスペースの必要性も感じたので、同じビルの2階に「アートルームエノマ」を設け、諸問題をあれこれ抱えつつ、現在に至っている。

ネット社会の現代、たとえローカルであっても、ここは「世界のカタスミ」であると信じて、なんとか活動を続けているが、明日どうなるかは不明である。

Later, as Picnica is a small gallery style café, I felt the need for an exhibition space and established “Art Room Enoma” on the 2nd floor of the same building. Despite various difficulties we’ve made it to where we are today.

Although we are a local establishment, in this modern networking society I believe that in our small corner of the world we remain connected, and we continue our activities not knowing what the future will bring.

3_kimura制作については基本的に絵画がメイン。絵とは何か。人はなぜ絵を描くのか。等々に日々思い悩みながらキャンバスに向っているのが実情。たぶん一生かけても答えは見つからないだろうが。現時点での絵に対しての取り組み方針として、自分らしい画風やモチーフをあえて追求しないということを決め、そのうえで現在の自分にとってのリアルをテーマに、表現の可能性を意識しつつ描きたいと考えている。つまり、絵に対して、いつでも自由に向き合いたいということかも知れない。

My main work focuses on painting. I always face the canvas wondering, “What are

pictures?” or “Why do people draw pictures?”. I suspect I could spend the rest of my life searching for the answers without finding them.

At the present time, I‘ve decided not to pursue my own painting style, but to paint with the possibility of expressing myself honestly. In other words I suppose, I want to approach painting with freedom.

4_kimura理想としては、既存の絵画らしさからの逸脱。絵の描き方あるいは見方さえも自由なんだと思える、そんな絵を描きたいと願っている。そして、それもまた生涯かけても不可能だと言えるが、そうした自分なりのささやかな思い入れも大切なのではないかと思っている。
play the Art. 絵画をもっともっと自由にたのしみたい。

My ideal is to deviate from existing painting practices. I would like to create work so my audience can see that whatever my viewpoint or style of painting is, I paint freely. Again, it may be impossible to achieve this in one lifetime, but I believe my own small ideas are also important.

I hope to continue to enjoy painting freely.

Advertisements
%d bloggers like this: