Simon Edwards

Ring of fire, oil on board

油彩 板

The landscape has been the source of my work… the work places itself somewhere between a modernistic reliance on the essential qualities(of the materials and methods of painting), and an awareness of traditional forms of the landscape. I use this as a departure point for entering into the process of layering and rubbing back, setting up a dialogue between the medium, the landscape and myself. The work becomes a result of reacting to what is happening on the surface at the time, and building on chance effects that present themselves, contributing to a sense of space distance and movement.

It is in our nature to make sense of our world by attaching the unknown to what is familiar to us and when we are faced with extreme uncertainty we often find an equally extreme control, the faster the ride the more you tighten the seatbelt. These paintings represent a return to my childhood landscape an environment that is close to me personally and a subject matter I have developed my painterly language around as a student. These are my normal. The memories I cling to, the spaces that remind me of home and the paintings I know I can make. This work takes its point of reference from the annual farming ‘burn-off, familiar to agricultural practice –a razing of crop stubble to clear the ground for new crop to be sown. These are works in which the imagery considers a disjuncture between the land and humanity, touching on an uneasy and transitory relationship with the natural world.

風景は私の作品の源となっています。作品は、近代的に不可欠な本質(材料と絵画法)と、景観の伝統的な形式を意識することとの間に位置しています。

レイヤニングと削りの過程に入るとき、私はその過程を風景と自分自身との対話するための出発点として用います。作品は、キャンバスの表面に起こったリアクション、偶然に起こったこと(たとえば二つの色を混ぜて偶然出来上がった色)から出来ています。スペース・距離・動きが作品づくりに貢献しています。

日常でよく知られていることに、未知のことを足すこと私たちの世界を理解することが出来ます。そして、全く分からないことに直面すると、私たちはしばしば同じような対応をします。たとえば早く走るほどシートベルトをきつく締めるといったようなことです。これらの作品は、私がよく知る環境と、学生時代に画法をあみ出す題材に使った幼児期の風景を思いださせます。それは私に取って普通のことなのです。その思い出を忘れたくはありません。私の故郷を思い出させる空間、自分はそれを描くことができるということを。

この作品は、ニュージーランドの農家でよく知られている新しい作物のために地面を燃やす作業の様子です。この土地を焼く行為は毎年行われています。これらの作品は、土地と自然界との不安定さや一時的な関係に触れ、人類の間の分断を考察しています。

 

Links to website/s: www.milfordgalleries.co.nz

Contact details: sjedwards@hotmail.com